http://www.nakayahome.jp/ta-tubaifo.htm ツーバイフォー工法とは -世田谷スタイル不動産

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 

ツーバイフォー工法とは

米国で生まれた工法で、日本での正式名称は「枠組壁工法」という。建物の躯体(骨組)を構成する部材のうち、2インチ×4インチの断面の部材を多く使用することから、2×4(ツーバイフォー)工法と呼ばれている。この工法は、規格化された構造用製材でつくられた枠組みに、合板などの面材を張ったパネル(版)で床、壁、屋根を箱状に構成する構造に特徴がある。使用する部材の種類が少なく、接合は釘や専用の金物で比較的簡単にでき、また工法がシステム化されているため工程が明確で、分業しやすい。工期、耐震性・耐久性に優れ、気密性・断熱性も高めることが合理的にできる工法である。

世田谷区の未公開情報が見られるメンバー登録はこちら

世田谷区の未公開情報

世田谷詳細検索


世田谷区のマンション情報|マンションカタログ

世田谷区の地域情報


世田谷区の沿線情報


売却7つの約束


購入7つの約束


世田谷区の駅10分以内


お客様の声